• ホーム
  • なぜ男性は脱毛症を発症するのか

なぜ男性は脱毛症を発症するのか

薄毛で悩む男性の多くは男性型脱毛症と呼ばれるAGAだと言います。
男性脱毛症は、20代から30代の若い男性に多く見られる薄毛で、この年代の男性の薄毛の大半が男性型脱毛症とも言われているのです。
また、男性型脱毛症と言うのは、遺伝によるものだと言われているのですが、遺伝子により男性ホルモンが乱れ、男性ホルモンの一種のテストステロンと呼ばれるものが、体内に在る酵素と結びつくと、そこで別の物質でもあるDHTに変換されてしまうのです。

これは男性型脱毛症の特徴であり、遺伝子、男性ホルモンのテストステロンによりDHTが作り出され、薄毛が起きると言う事になるのです。
DHTに作用する薬として存在しているのがプロペシアと呼ばれる医薬品です。
プロペシアと言うのは、医薬品の名前であり、DHTに作用する成分と言うのはフィナステリドと呼ばれるもので、この成分がDHTを抑制させる効果を持っているのです。

また、プロペシアは多くの男性型脱毛症の症状を持つ患者さんの抜け毛の防止に役立てられており、世界的にも有名な医薬品として多くの病院が利用をしていると言われています。
DHTは髪の毛の毛周期を狂わせる性質が有ります。
毛周期には成長期や退行期、休止期と言ったサイクルが在るのですが、成長期と言うのは一般的に2年から6年と言われているのです。
DHTが作用する事で、この成長期の期間を僅か3ヶ月ほどにしてしまい、抜け毛が起きてしまうのです。
尚、プロペシアはこのDHTを抑制させて毛周期を正しくする効果を持ちます。

病院での処方の他、最近は個人輸入代行を行う事で通販でも入手が可能になっています。
また、通販の場合は病院で処方されるよりも安く入手が出来るなどのメリットが有るのです。
尚、通販でプロペシアを購入する場合は情報サイトや口コミサイトなどを利用して、悪質な業者から偽物や粗悪品などを購入させられないようにすることが大切です。